一棟売りマンションで資産運用~リスク回避でハッピーライフ~

家と財布

常に備えを持って経営する

お金

投資リスクの回避を行う

あくまで投資の一種ですから、不動産投資には当然失敗のリスクがつきまといます。しかしそれらのリスクは回避できるものもあります。最小のリスクで最大のリターンを得るためにも、リスク回避の工夫は必要です。一例として挙げられるのが天災リスクです。順調に不動産投資を行っていても、その経営を一瞬で全て引き裂いてしまうのも、天災の怖さです。特に地震は軽度のものであっても、建物にヒビが入るなどして修繕の費用がかさむことがあります。そのため天災のリスクに備えた、保険の加入といった工夫も有効です。他にも空室や家賃滞納、賃料相場の下落といった様々なリスクが存在します。これらのリスクにそれぞれ備えることで、不動産投資の失敗を防ぐことができます。

賃貸管理会社の委託が人気

アパートやマンションなどのインカムゲインが得られる不動産投資は安定した賃料収入が魅力であると同時に、入居者管理や事務といった面倒なことが多いのも事実です。そこで最近の不動産投資では、賃貸管理会社などに物件を預けることが人気となっています。賃貸管理会社に物件を預けるメリットは、委託料金と引き換えに多くの煩雑な賃貸物件の管理業務を引き受けてくれることにあります。賃料滞納や住民同士のトラブル、さらには修繕作業や設備の工事などの手配まで、全て管理会社が行ってくれます。ノウハウのある賃貸管理会社が経営に関わるため、不動産投資における失敗のリスクも回避しやすくなります。委託料と引き換えに失敗のリスクの低い、安定した賃貸経営を行ってくれるため、多くの不動産投資家に物件の委託は人気となっています。